Japan Tripは、Andersonの日本人学生が中心となって開催されるStudy Tripです。その目的として、「世界的なビジネスリーダーとなるAnderson の学生に、伝統と最新が融合した日本文化の素晴らしさを伝え、中長期的な日本の国際的プレゼンス向上に貢献する」ことを掲げ、Andersonで学ぶ全ての学生(MBA, FEMBA, EMBA含む)を対象としています。Andersonにおける学生主催行事の中でも最大級の規模を誇り、学生からの期待値も年々高くなっています。2012年度は94名が参加し、京都・大阪・広島・名古屋・湯河原・そして東京と、日本縦断を決行。大変大きな反響を得ました。

 

名古屋においては、TOYOTA工場見学、東京においては、他の米国MBAプログラムとの交流、日本で勤務するAnderson卒業生との交流を行うなど、ネットワークの更なる拡充、キャリア形成サポートにも力を入れています。